金融ブラックになってしまっても融資可能なキャッシング

 

金融ブラックを甘く見てると危険!

 

計画的に生活しているつもりでもお金が足りない!という事は訪れることがあるでしょう。
毎月決まった額しか給料は入らないのに、冠婚葬祭が立て込むと出費が増えますし、
旅行に行けば旅費だけでなく、現地での食費やお土産代まで予算として用意する必要がありますね。
遠方の実家や義実家への帰省は手土産に交通費、親戚へのお年玉など物入りになってしまうこともあるでしょう。

 

貯蓄からやりくりができれば問題はないと思っているかも知れませんが、
『新車を購入する為の資金』や『結婚式や披露宴の費用』が溜まるまで延期できますか?

 

最近では生活のピンチを救うためにキャッシングを利用される方だけでなく、人生のイベントの資金や高額なお買い物の際に利用することもあります。

 

もしあなたがお金を借りたいと思っているのに『ブラックの為に融資はできない』と審査に通らない場合はどうしましょう。

 

滞納してブラックになったなら自業自得じゃないかと思いますか?

 

金融ブラックはキャッシングの滞納者だけがなるものではないという事をしっかり理解できていますか?

 

今回は金融ブラックについて、そして金融ブラックになった場合でも融資を受けれるキャッシングは存在するかについて解説していきます。

 

借金滞納者・自己破産者だけがブラックになるわけではない?

 

金融ブラックというのは信用情報機関に金融事故として登録されてしまうことで
いわゆるブラックリストに載るという状態です。

 

ブラックになってしまうと、『お金を借りたい』と思った時にどの金融業者に審査を申し込んでも審査に通ってお金を融資してもらえることはありません。

 

そんな金融ブラック。
過去に借金の返済日を守らずに滞納し続けた方や、多重債務者になってしまい、自己破産などの債務整理を行った方がブラックになると言われています。

 

しかしこれだけがブラックになる条件ではないのです。

 

金融業者はキャッシングの審査申し込みをした際に、必ず信用情報機関に問い合わせ、あなたの金融情報を調べます。

 

そこにはクレジットの履歴、携帯電話会社の履歴も含まれています。

 

クレジットカードの支払いを滞納した過去があったり、携帯料金を支払わずに飛ばしてしまったことがあるという方はすでにブラックとなっている可能性があり、そうなtってしまっては審査に通ることはありません。

 

そんな事は過去に一度もない。今回初めてのキャッシング申し込みをしたのに審査に落ちた。
なんていう場合に考えられるのは、各社の審査条件に合わなかったという事になるのですが、
キャッシング初心者でもブラックになってしまうのが
『複数社に同時に審査申し込みをする』事なのです。

 

キャッシングは審査に通って融資を受けれるという返事を貰ってから金融会社をこちらが選ぶことはできません。

 

審査申し込みをする前にどの会社から借り入れをするのか決めなけばならないのです。

 

●社に審査申し込みをしている間に△社にも申し込みをしているという事は信用情報機関を見ればすぐにわかります。

 

『こんなにいくつも審査申し込みをしてるという事はよっぽど資金集めに苦戦している。返済は不可能かもしれない』という判断が下ってしまい、審査に落とされてしまいます。

 

審査に落ちれば、他の会社の審査に申し込めば良いのですが、複数の会社に同時申し込みをしたという事であなたは『申し込みブラック』として信用情報機関に登録されています。

 

こうなってしまうと半年間はどの金融業者の審査に申し込んでも審査には受かりませんので注意しましょう。

 

ブラックでも融資を受けられるキャッシングはあるのか?

 

申し込みブラックの場合は半年審査申し込みを待てば自然と情報は削除されますが、滞納を続けたり、自己破産をした場合に金融ブラックとなってしまった場合、もっと長い年月の間審査申し込みをしても審査に通ることはありません。

 

審査に申し込んでも、審査の過程で信用情報に問い合わせない金融業者はありません。
金融ブラックというのははっきり言って『この人に融資をしてはいけませんよ』という通達のようなものなのです。

 

しかしブラックでも融資を受けたいタイミングというのがきてしまうかもしれませんよね。

 

世の中には『ブラックでも融資します』と金融ブラックの方をターゲットにした金融業者は存在します。
それはずばり『闇金』です。

 

闇金というのは比較的甘い審査やほとんど審査などせずにお金を貸し、法外な金利をふっかけてきます。
払えない場合には非道な方法で回収してくることもあるでしょう。

 

お金がないのに元金は減らず、利息しか払っていない状態となりいつまでたっても借金から抜け出せないなんて事にもなりかねません。

 

お金を融資する闇金だけではなく、詐欺集団のようなやり方で手数料だけ巻き上げていく闇金も存在します。

 

お金の事に頭を悩ませていると冷静な判断ができなくなるという所をついてお金儲けをします。

 

『無審査で貸してくれるから』『ブラックになっても闇金がある』なんて決して思わないでください。
あなたの人生が狂ってしまう可能性が非常に高いです。

 

終りの見えない借金生活に陥ってしまわないように金融業者選びは慎重に行いましょう。

 

キャッシング業者の賢い選び方とは?

 

業者選びの際、『こんな会社、名前も聞いたことがない』という業者に融資の申し込みをするのは危険です。

 

まともな広告を出していたり、借りる側にとって魅力的な勧誘を載せているかもしれませんが、固定電話番号を書いていないとか、書いている住所を調べたら駐車場だった。など実態のない闇金の可能性もあります。

 

大手消費者金融や銀行カードローンから業者選びをしたほうが賢明です。

 

そこでポイントとなるのが、『自分が何を一番に希望するか』と決めなければなりません。

 

●即日融資をうけたい
●女性スタッフ対応、女性専用のキャッシングが良い
●金利が安いキャッシングが良い
●収入証明が不必要なところ
●審査がスピーディーなほうが良い
●借金を一つにまとめたい
●返済方法が豊富なほうが良い

 

色々希望はあるかと思いますが、今すぐに融資を受けたいなら
審査スピードと即日融資が受けれる金融会社を探すべきですし、
初めてのキャッシングで同姓のスタッフなら質問しやすいと思っているなら女性専用キャッシングのある業者を選べます。
返済日に間に合わず、やむを得ない滞納や遅延をしてしまうと、金利のほかに遅延金という無駄なお金がかかります。
それを防ぐためにもコンビニで返済できる業者を選べば返済の際に困らないというメリットもあります。

 

金利面で選ぶなら消費者金融と銀行カードローンはどっちが良いか

 

長期間返済をしなければならない状態になるなら金利は重要なポイントとなるでしょう。

 

世間的には消費者金融の金利は高く、銀行カードローンの金利は低いといわれており、まだまだ消費者金融は銀行カードローンの低金利には太刀打ちできない状態です。

 

『けど銀行カードローンの審査って厳しいんでしょ?』と思っている方も多いようですが、
正直消費者金融の審査が甘いなんて事もなく、どちらもしっかりと審査を行ってうえで融資を行っています。

 

最近では消費者金融でも一定期間に完済することでその期間は金利0で借り入れができる無利息期間を用意している業者もあるので、場合によっては銀行カードローンよりも消費者金融のほうがお得なキャッシングをできる場合もあるのです。

 

消費者金融で借りるか、銀行カードローンで借りるか迷っているなら金利だけでなく、融資希望額によっては総重量規制も頭に入れておかなければいけません。

 

消費者金融の場合、年収300万の方が年収の1/3までしか借り入れできないので最大融資額は100万円となります。

 

200万の融資を希望しているなら総重量規制の影響を受けない銀行カードローンに絞って融資申し込みをしなければなりません。